篆書体をアレンジしている印鑑の書体

というのは複数ありますが、

そもそも篆書体というのは

実印や銀行印、落款印として使用される割合が高くなっています。

書体にアレンジが加わったものも同じような使い方をされることが多いのですが、

その主なものとしては太枠篆書体を挙げることができます。

 

この太枠篆書体がどのようなものなのかというと、

まず印鑑の外枠が通常の篆書体とは異なります。

 

実際に比較してみるとひと目でわかるでしょうが、

太枠篆書体のほうが外枠が太く作られているのです。

これは太枠篆書体という名前になっているくらいですから、

この書体の一番の特徴といえるのではないでしょうか。

 

また、彫刻されている文字の特徴も通常の篆書体とは違っています。

見比べてみると太枠篆書体のほうが文字が細く彫られているのです。

 

これによって

文字の見た目の印象が変わるだけでなく、

朱肉が詰まりにくいという効果

ももたらされるといわれています。

 

この太枠篆書体は

どのような印鑑の選び方をする場合にいいのかというと、

まずは

外枠が太く強度がアップしている

ことから、

簡単に劣化しない印鑑

をという選び方をする人に向いています。

 

また、

朱肉の詰まりに悩まされるのは嫌だ

という人が使用するのにも向いているでしょう。

 

あとは

通常の篆書体より文字が細い

ということから、

篆書体の重いイメージがやわらいでいます。

 

そのため、

女性が見た目の印象にこだわった場合

の選び方としてもいいといわれているのです。