認印は特定の書体の印鑑であるという必要がないため、基本的に選び方は自由です。しかしながら、見た人が読みやすいような配慮はしたほうがいいでしょう。
この場合、どのような書体の選び方をすればいいのかという点を気にする人がいますが、読みやすい書体の印鑑をという選び方をすると失敗することはありません。読みやすい書体というといろいろありますが、中には隷書体という書体があります。
この隷書体ですが、ベースは印鑑の書体の中でも群を抜いて読みにくい篆書体となっています。そのため、隷書体も読みにくいのではないかと思うかもしれませんが、実際にはかなり読みやすいです。
隷書体自体は秦の時代から存在しているのですが、ほかの読みやすい楷書体や行書体と同様にひと目見てなにが彫られているのかがわかるのが特徴です。そのため、認印として購入していく人が多いというわけです。
楷書体や行書体の違いを挙げるとすると、文字が横に伸びたような感じになっているという点でしょうか。いずれの書体も認印として使用するには適していますが、このあたりは好みで決めるといいでしょう。意外とこれらの書体を並べてみると印象が全く違うので、選ぶ楽しみがあるのではないでしょうか。
なお、隷書体は実のところ、身近なものに使われている書体なのです。日頃から見ているお札に隷書体が使われているのです。わざわざ確認するまでもないようなことかもしれませんが、興味がある人は見てみると良いでしょう。