印鑑の書体には行書体がありますが、これはどのような書体なのでしょうか。このことを説明するにあたり、楷書体と比較するのが一番わかりやすいでしょう。
まず、そもそもこの行書体というのは元になっているのが楷書体なのです。そのため、基本的には楷書体のような雰囲気を感じさせつつも、少し違った文字の形状になっているのです。
楷書体の場合は一画一画しっかりと彫られているのですが、行書体の場合は筆を使用して流れるようなラインで彫られているという特徴があるのです。この筆を使用した感じが、行書体のやわらかい雰囲気を演出しているのです。
それから、先述したとおり非常に読みやすいため、読みやすさのある印鑑が欲しいという選び方をする人からの人気が高くなっているといわれています。また、楷書体より雰囲気がやわらかいため、男性より女性に好まれることが多いという話もあります。
以上のことから、読みやすいのが好ましい印鑑を購入する際に行書体は適しているということになります。たとえば認印を挙げることができますが、選び方で迷った際には行書体の印鑑を購入すると失敗しないでしょう。
また、あまり読みやすい書体を実印や銀行印として登録する人はいないのではないかと思っている人もいるでしょうが、行書体の印鑑を登録している人も多いといわれています。なにも読みやすい印鑑を実印登録することなどは選び方として間違っているわけではないので、自分が登録するというときには一度検討してみてはいかがでしょうか。