印鑑には

篆書体

と呼ばれる書体が使用されているものがあります。

 

どのような特徴なのか、

わかりやすいのは

「漢委奴国王の金印」

というとイメージがわきやすいのではないでしょうか。

 

実はこれ、

篆書体が使われているのです。

 

よくわからないという人は

インターネットで画像を探してみると簡単に確認することができますが、

とても読みやすいとはいえない書体ではないでしょうか。

 

なのになぜ、

いまの時代になっても印鑑に使用される書体として人気があるのでしょうか。

 

理由のひとつは

偽造の防止

といわれています。

 

篆書体は文字のラインがとても複雑で簡単に読むことができないため、

製作してもらったものは偽造しにくいといわれているのです。

 

そのため、

実印をはじめ重要度の高い印鑑

が必要という場合に複雑な書体をという選び方をされることが多く、

篆書体に決める人がいるというわけです。

それから、

書道や絵画作品の落款印

として篆書体の印鑑が使用されることも多いとされています。

 

作品と合う印鑑をという選び方

をしている人から篆書体は支持を集めているのです。

見た目の読みにくさとは裏腹に、

実際には様々な目的で使用している人が多い

というのが篆書体の印鑑の特徴です。

 

これを参考に、

実印などの選び方に困った際には

篆書体の印鑑を購入してみてはいかがでしょうか。

なお、

これは豆知識程度の情報ではありますが、

篆書体は日本のお札にも使用されていますので、

一度見てみるといいのではないでしょうか。