牛角と呼ばれる印材が印鑑には使用されています。

これはどのような場合に使用する印鑑の選び方として適しているのでしょうか。

特徴を挙げていきますので、確認しておくと良いでしょう。

まず、牛角の印材は高い耐久性を備えているというのが長所といえます。

そのため、

一回購入したら長く使っていきたい

という選び方をする人に向いているでしょう。

 

また、

牛角は高い捺印性能がある

という点でも評価されています。

そのため、

印鑑の使い心地にこだわる人からも人気があります。

 

なお、

この牛角という印鑑の印材は

オランダ水牛の角

を使っているのですが、

模様の「ふ」が入っているかどうか

によって区別されているのです。

「ふ」入りなのか

「ふ」入りでないのか

で異なる種類になるのですが、

「ふ」入りでないもの

のほうが希少価値という点で勝っているといわれています。

 

また、

牛角は見た目がいい

というのも指示されている理由のひとつといえるでしょう。

 

牛角は「ふ」入りかどうか

にかかわらず天然素材のため、同じものがないのです。

 

そのため、

美しい模様の印鑑が欲しい

という選び方をする人にもいいでしょう。

そのほか、

牛角は価格がほかのもの、

たとえば

本象牙のような高級な印材

と比較すると安いというのが魅力です。

 

品質の良さと価格の安さの両方を兼ね備えている

というのは、

特に予算にあまり余裕がないという人

には嬉しいのではないでしょうか。

 

ただし、

「ふ」入りでないほうの印鑑

は希少価値が高いという理由で価格が高くなるため、

この点には気を付けたいところです。