印鑑の品質に重きを置いた選び方をしたいという人におすすめのものは、印材に本象牙を採用している印鑑です。本象牙はほかの印材と比較しても最も良質なものといわれていますので、品質重視で選び方に困ったときには、本象牙を選択すると間違いないでしょう。
ただし、一点だけ気を付けなくてはいけないことがあります。それは、単純に本象牙といってもいろいろな種類があるということです。本象牙の種類が異なれば品質にも影響しますから、ただ単に本象牙と表示されていたとしても、どのような本象牙なのかに注目することが大切なのです。
ちなみに、本象牙には最高級本象牙や高級本象牙、それから本象牙や横目本象牙を挙げることができます。これらには品質の差があるのですが、横目本象牙はとても貴重なものであるといわれています。象牙の模様が素晴らしいのはさることながら、高級な象牙からでないととることが不可能なものなので、持っているとチョットした自慢になるのではないでしょうか。
また、本象牙の特徴ですが、長い使用に耐えるということと、朱肉がしっかりなじむということが挙げられます。それから、長く使っていくことで光沢が出てくるため、使いこむほどに手放したくないと思えるような魅力があります。
印鑑として価格が割高になるのは品質の良さを考えると仕方のないことではありますが、特に耐久性に優れているという点は実印や銀行印などに使用する印鑑をという場合の選び方としては合っているでしょう。