役所に登録を行う個人の印鑑のことを実印と呼びますが、この選び方をどうすればいいかで頭を悩ませているという人もいるのではないでしょうか。個人用の印鑑としては一番といえるくらい大事な印鑑なので、しっかりとした選び方をしたいところです。
まず大事なのはサイズですが、これはほかの人たちが選んでいるサイズに合わせるのが無難でしょう。具体的には13.5ミリから18ミリ丸の範囲で選ぶ人が多いため、これにならって実印を購入すると良いでしょう。
なお、実印というのはどのようなものでも登録可能というわけではありません。当然本名であることが求められますし、印面が平の印鑑であることも欠かせません。
それから、印鑑の状態も重要で、印面の磨滅や破損があるようなものは登録が認められません。さらに縁がなかったり、外枠が欠損しているようなものも登録を行えないので注意が必要です。
また、いま登録している印鑑と酷似している印鑑は登録できませんので、これも気を付けなくてはいけないでしょう。さらに日本人は日本語で文字が彫刻されている印鑑でないといけません。
以上のような条件が実印登録の際には設定されているのですが、大事な印鑑ですので家にあるものを適当に登録するのではなく、新調することをおすすめします。また、既製品の中から購入するという選び方をするのではなく、別の印鑑と見分けがつきやすいように印鑑屋に依頼して製作してもらうというのがベストではないでしょうか。