印鑑には

氏名が彫刻されているもの、

名字だけが彫刻されているもの、

名前だけが彫刻されているもの

があります。

 

これらのうち、

一番よく目にするのは

名字だけが彫刻されている

ものではないでしょうか。

 

しかしながら、

自分が印鑑を購入する際には、

彫刻する名前に関して、

どのパターンにするか

選び方に困るということもあるでしょう。

一番よく目にするということから、

大抵の印鑑は

名字だけが彫刻されているもの

でも問題ありません。

 

ただ、

実印を登録する際、

女性の場合

には少し事情が違います。

 

女性の場合は

結婚すると名字が変わる

ことから、

名字だけが彫刻されている印鑑だと、

また買いなおさなくてはいけないのです。

 

このことから、

女性が印鑑を購入する際には、

結婚することを視野に入れて

名前だけが彫刻されているもの

をという選び方をするのもいいでしょう。

 

そうすると

結婚した際に

新しく自分の印鑑を購入する手間

がかかることがなくなりますし、

印鑑を購入するための

お金もかけずに済むのです。

 

ただ、

女性でも世帯主になる人や

事業をする人に関しては、

名前だけ

ということでは良くありません。

 

この場合には

氏名が彫刻されている印鑑

のほうが適している

といわれていますので、

選び方には注意したいところです。

 

そのほか、

銀行印を登録する際には、

全員が別々の銀行印

を用意しておくことが大切です。

 

ちなみに、

子供に関しては

名前だけの銀行印

を用意しておくと、

家族の銀行印の区別

をつけやすくなるでしょう。