印鑑を用意しなくてはいけなくなったとき、

実際に印鑑屋に足を運んだり、

ネットショップをチェックしたりするでしょうが、

このときには縦書きの印鑑と横書きの印鑑

があることに気が付くのではないでしょうか。

 

どちらがいいのか選び方に困るという人がいますが、

まず、

縦書きと横書き

とでどのようなところが異なるのかを把握しておくことが大切です。

縦書きと横書きの印鑑で一番変わってくるのは、

印鑑を見たときの印象です。

 

どちらを選ぶかによって、

印鑑の完成度に差が出るといわれているのです。

 

どうしてこういう違いが出るのかというと、

印鑑には様々な書体があるのですが、

各書体で縦書きに向いているのか

横書きが向いているのか

というのが変わってくるわけです。

 

なんとなく

気持ちの面で縦書きのほうが見た目がいい感じがする、

横書きのほうがいい感じがする

というのは素人でもありますが、

実際に購入したり作ったりすることになると、

自分では決めきれないことがあります。

 

このような場合にはどうすればいいのかというと、

印鑑屋に質問してみればいいのです。

 

多数の印鑑を手掛けてきているような印鑑屋であれば、

縦書きがいいのか横書きがいいのかということを熟知していますので、

選び方で迷った際に聞いてみると、

どの書体が合っているのかという的確な助言をしてくれることでしょう。

 

あまり見た目の印象にこだわるような選び方をしない

という人はいいのですが、

もし見栄えのする印鑑が欲しいということでしたら、

プロに任せたほうが仕上がりのいい印鑑

を手に入れることができるでしょう。