これまで印鑑を作った経験がないという人の場合、印鑑の書体に関してはあまり意識して見たことがないのではないでしょうか。実はちゃんと注目していると、様々な書体が印鑑に使われていることがわかるのです。
そのため、印鑑を新しく購入することになったら、書体に注目した選び方をするというのもいいのではないでしょうか。実にいろいろな書体が印鑑に使われているわけですが、印鑑の種類によって選ばれる書体というのは違いがあるようです。
たとえば実印や銀行員の場合、篆書体(てんしょたい)や吉相体(きっそうたい)と呼ばれる書体が選択されることが多いといわれています。篆書体は読みにくい書体なのですが、実印や銀行印のような重要度の高い印鑑を作る際には、かたい印象のある書体が選ばれる傾向があるようです。
ただし、女性の場合は実印などの重要な印鑑であっても、少し柔らかいイメージの印鑑をという選び方をされることが多いようです。たとえば、行書体や古印体の印鑑を選ぶ女性がたくさんいるといわれているのです。
それから、日常生活のいろいろな場面で使用することになる認印に関しては、読みにくい書体の印鑑を選ばれることはまずないとされています。行書体、隷書体、古印体のような見てすぐなにが彫られているのかがわかるような書体の印鑑を選ばれる傾向があるようです。
書体に関しては原則的になにか特定のものにしなくてはいけないということはないですが、選び方で迷うようなことがあったら、以上のようなことを参考にして印鑑を選ぶと良いでしょう。