印鑑にはいろいろな書体がある

印鑑にはいろいろな書体がある

これまで印鑑を作った経験がないという人の場合、印鑑の書体に関してはあまり意識して見たことがないのではないでしょうか。実はちゃんと注目していると、様々な書体が印鑑に使われていることがわかるのです。


そのため、印鑑を新しく購入することになったら、書体に注目した選び方をするというのもいいのではないでしょうか。実にいろいろな書体が印鑑に使われているわけですが、印鑑の種類によって選ばれる書体というのは違いがあるようです。


たとえば実印や銀行員の場合、篆書体(てんしょたい)や吉相体(きっそうたい)と呼ばれる書体が選択されることが多いといわれています。篆書体は読みにくい書体なのですが、実印や銀行印のような重要度の高い印鑑を作る際には、かたい印象のある書体が選ばれる傾向があるようです。


ただし、女性の場合は実印などの重要な印鑑であっても、少し柔らかいイメージの印鑑をという選び方をされることが多いようです。たとえば、行書体や古印体の印鑑を選ぶ女性がたくさんいるといわれているのです。


それから、日常生活のいろいろな場面で使用することになる認印に関しては、読みにくい書体の印鑑を選ばれることはまずないとされています。行書体、隷書体、古印体のような見てすぐなにが彫られているのかがわかるような書体の印鑑を選ばれる傾向があるようです。


書体に関しては原則的になにか特定のものにしなくてはいけないということはないですが、選び方で迷うようなことがあったら、以上のようなことを参考にして印鑑を選ぶと良いでしょう。



印鑑にはいろいろな書体がある関連ページ

落款印はどういう選び方をすればいいか
個人の実印や銀行印、認印、企業の会社代表・役職印など、印鑑はなにかとかたいイメー...
割印はどういう選び方をすればいいか
あまり見たことがないという人もいるかもしれませんが、契約書をはじめとする重要な書...
角印はどういう選び方をすればいいか
印鑑についていろいろ調べていくと、実印や銀行印など、種類に応じて選び方に注意しな...
会社代表・役職印はどういう選び方をすればいいか
会社と印鑑の関係ですが、起業するときには印鑑登録を行わなくてはいけません。なお、...
訂正印はどういう選び方をすればいいか
ひとくちに印鑑といってもいろいろな種類がありますが、仕事によっては使用頻度が高く...
認印はどういう選び方をすればいいか
役所に登録を行う印鑑のことを実印といいますが、これをしていない普段使いするような...
銀行印はどういう選び方をすればいいか
預金口座を作成するときには印鑑登録を行わなくてはいけないことがありますが、このと...
実印はどういう選び方をすればいいか
役所に登録を行う個人の印鑑のことを実印と呼びますが、この選び方をどうすればいいか...
印鑑の朱肉・ケースはどういう選び方をすればいいか
印鑑を購入する際にはケースがセットになっていることがありますが、別売りのケースが...
印鑑屋による価格と品質の違い
印鑑屋は路面店とネットショップを合わせると、膨大な数が存在しているのですが、個々...
印鑑屋には路面点とネットショップがある
印鑑屋とひとくちにいっても、路面点とネットショップがありますが、どちらを利用する...
印鑑には名字と名前の両方を彫るべきか
印鑑には氏名が彫刻されているもの、名字だけが彫刻されているもの、名前だけが彫刻さ...
縦書きの印鑑と横書きの印鑑のどちらがいいか
印鑑を用意しなくてはいけなくなったとき、実際に印鑑屋に足を運んだり、ネットショッ...
印鑑にはいろいろな書体がある
これまで印鑑を作った経験がないという人の場合、印鑑の書体に関してはあまり意識して...
意外と気にしていない印鑑のサイズ
実印や銀行印など、重要度の高い印鑑を購入することになった場合は選び方をどうすれば...