意外と気にしていない印鑑のサイズ

意外と気にしていない印鑑のサイズ

実印や銀行印など、重要度の高い印鑑を購入することになった場合は選び方をどうすればいいのか困ることがありますが、意外と気にしていない人が少なくないので、印鑑のサイズの選び方です。また、重要度の高い印鑑でなくても、サイズの選び方として常識になっているようなことはあるのです。


たとえば、印鑑を使用する人が男性なのか女性なのかによって、サイズの選び方というのは一般的に違うといわれています。これだけを見て大体予想がつくという人もいるでしょうが、サイズは男性より女性のほうが小さいものを使用するという選び方が常識になっているのです。


それから、印鑑の種類によってもサイズの常識というのは変わってくるといいます。実印と銀行印のサイズは大きいものが選ばれるのが一般的ですが、これに比べると認印などは小さいサイズをという選び方をするのが常識のようになっているわけです。


実印を例にとって詳しいサイズを解説していきますが、男性の場合は13.5ミリから15ミリ、女性の場合はこのマイナス1.5ミリの印鑑を使用するというのが常識になっています。なお、事業用の実印ということでしたら、男性女性共に1.5ミリから3ミリぐらい大きいものを使用するのが一般的です。


銀行印も実印と同じぐらいのサイズを選択するのが常識となっていますが、認印に関しては10.5ミリから12ミリぐらいのサイズの印鑑を選ぶというのが男性女性共に一般的になっているのです。


実際に印鑑を購入することになったら、サイズにもきちんと目を向けた選び方をするようにしましょう。



意外と気にしていない印鑑のサイズ関連ページ

落款印はどういう選び方をすればいいか
個人の実印や銀行印、認印、企業の会社代表・役職印など、印鑑はなにかとかたいイメー...
割印はどういう選び方をすればいいか
あまり見たことがないという人もいるかもしれませんが、契約書をはじめとする重要な書...
角印はどういう選び方をすればいいか
印鑑についていろいろ調べていくと、実印や銀行印など、種類に応じて選び方に注意しな...
会社代表・役職印はどういう選び方をすればいいか
会社と印鑑の関係ですが、起業するときには印鑑登録を行わなくてはいけません。なお、...
訂正印はどういう選び方をすればいいか
ひとくちに印鑑といってもいろいろな種類がありますが、仕事によっては使用頻度が高く...
認印はどういう選び方をすればいいか
役所に登録を行う印鑑のことを実印といいますが、これをしていない普段使いするような...
銀行印はどういう選び方をすればいいか
預金口座を作成するときには印鑑登録を行わなくてはいけないことがありますが、このと...
実印はどういう選び方をすればいいか
役所に登録を行う個人の印鑑のことを実印と呼びますが、この選び方をどうすればいいか...
印鑑の朱肉・ケースはどういう選び方をすればいいか
印鑑を購入する際にはケースがセットになっていることがありますが、別売りのケースが...
印鑑屋による価格と品質の違い
印鑑屋は路面店とネットショップを合わせると、膨大な数が存在しているのですが、個々...
印鑑屋には路面点とネットショップがある
印鑑屋とひとくちにいっても、路面点とネットショップがありますが、どちらを利用する...
印鑑には名字と名前の両方を彫るべきか
印鑑には氏名が彫刻されているもの、名字だけが彫刻されているもの、名前だけが彫刻さ...
縦書きの印鑑と横書きの印鑑のどちらがいいか
印鑑を用意しなくてはいけなくなったとき、実際に印鑑屋に足を運んだり、ネットショッ...
印鑑にはいろいろな書体がある
これまで印鑑を作った経験がないという人の場合、印鑑の書体に関してはあまり意識して...
意外と気にしていない印鑑のサイズ
実印や銀行印など、重要度の高い印鑑を購入することになった場合は選び方をどうすれば...