個人の実印や銀行印、認印、企業の会社代表・役職印など、印鑑はなにかとかたいイメージのあるものですが、なかには特殊なタイプの印鑑も存在しています。どのようなものなのか、ここで紹介していくことにします。
一番わかりやすいのは書道作品でしょうが、実際にみてみると印鑑が押されていることに気が付くのではないでしょうか。ほかにも絵画作品にも押されていることがありますが、このような印鑑のことを落款印というのです。
この落款印ですが、どのような意図があるのかというと、自分が書いた作品であることを証明するために使用されているのです。なお、これがある作品のほうが芸術的価値の面で優れているといわれています。
書道などをやっている人の中には自分も欲しいという人もいるでしょうが、選び方としては朱文印と白文印があることを知らなくてはいけません。これは印鑑を押したときの文字の色を示しているのですが、たとえば朱文印の場合は文字が朱色でそれ以外は白色ということになります。一方、白文印はその反対ということになります。
また、選び方にこだわりたい人は、落款印の材質にも注目してみるといいでしょう。石材や木材の印鑑を利用する人が多いため、参考にしてみてはいかがでしょうか。それから、書体の選び方に関してですが、これは篆書体の印鑑を購入する人の割合が高いといわれています。
特に決まりがあるわけではありませんから、こだわりの1本を購入するといいでしょう。