割印はどういう選び方をすればいいか

割印はどういう選び方をすればいいか

あまり見たことがないという人もいるかもしれませんが、契約書をはじめとする重要な書類に、二枚にわたってまたぐようにして押されている印鑑を目にしたことがあるという人もいるのではないでしょうか。この印鑑なのですが、名称は割印といいます。


どのような理由で二枚にわたって押す必要があるのかわからないという人もいるでしょうが、これは印鑑を押した二枚の書類には関係がありますよということを示すために押されているというわけです。先ほど契約書に押されているということを述べましたが、ほかにも株式、手形、小切手にも割印は用いられているのです。


また、二枚の書類がどのようなものなのかという点についてですが、これは契約書の場合には正本と副本、原本と写しが一枚ずつあり、これらにまたいで印鑑を押す形になります。ここまでくると、二枚の書類に関わりがあるということはわかるのではないでしょうか。


それから、この割印を用意しなくてはいけなくなった場合には、重要な印鑑なわけですから選び方が気になるところでしょう。しかしながら、なにか大事なルールが決められているということはありません。そのため、好きなように決めてもなんら問題はないということになります。ほかのサイズのように選び方に注意しなくてはいけないということはなく、小~大までの印鑑が用意されているため、その中から好きなサイズの割印を購入すればいいのです。


なお、目じるしは印鑑の向きを判断するために付いているものなのですが、押し間違いをしたくないという人は目じるしのある印鑑の選び方をすることをおすすめします。



割印はどういう選び方をすればいいか関連ページ

落款印はどういう選び方をすればいいか
個人の実印や銀行印、認印、企業の会社代表・役職印など、印鑑はなにかとかたいイメー...
割印はどういう選び方をすればいいか
あまり見たことがないという人もいるかもしれませんが、契約書をはじめとする重要な書...
角印はどういう選び方をすればいいか
印鑑についていろいろ調べていくと、実印や銀行印など、種類に応じて選び方に注意しな...
会社代表・役職印はどういう選び方をすればいいか
会社と印鑑の関係ですが、起業するときには印鑑登録を行わなくてはいけません。なお、...
訂正印はどういう選び方をすればいいか
ひとくちに印鑑といってもいろいろな種類がありますが、仕事によっては使用頻度が高く...
認印はどういう選び方をすればいいか
役所に登録を行う印鑑のことを実印といいますが、これをしていない普段使いするような...
銀行印はどういう選び方をすればいいか
預金口座を作成するときには印鑑登録を行わなくてはいけないことがありますが、このと...
実印はどういう選び方をすればいいか
役所に登録を行う個人の印鑑のことを実印と呼びますが、この選び方をどうすればいいか...
印鑑の朱肉・ケースはどういう選び方をすればいいか
印鑑を購入する際にはケースがセットになっていることがありますが、別売りのケースが...
印鑑屋による価格と品質の違い
印鑑屋は路面店とネットショップを合わせると、膨大な数が存在しているのですが、個々...
印鑑屋には路面点とネットショップがある
印鑑屋とひとくちにいっても、路面点とネットショップがありますが、どちらを利用する...
印鑑には名字と名前の両方を彫るべきか
印鑑には氏名が彫刻されているもの、名字だけが彫刻されているもの、名前だけが彫刻さ...
縦書きの印鑑と横書きの印鑑のどちらがいいか
印鑑を用意しなくてはいけなくなったとき、実際に印鑑屋に足を運んだり、ネットショッ...
印鑑にはいろいろな書体がある
これまで印鑑を作った経験がないという人の場合、印鑑の書体に関してはあまり意識して...
意外と気にしていない印鑑のサイズ
実印や銀行印など、重要度の高い印鑑を購入することになった場合は選び方をどうすれば...