印鑑についていろいろ調べていくと、実印や銀行印など、種類に応じて選び方に注意しなければならないということがわかってきます。しかしながら、中には特に選び方に気を付けなくてもいいという印鑑があるのです。
その中のひとつとして個人用の認印を挙げることができるのですが、会社にもこの個人用の認印としての役割を果たすものがあることをご存知でしょうか。これが角印という印鑑なのです。
角印は法人や団体などで使用されることになるのですが、選び方は自由で本当に大丈夫なのかと思う人もいることでしょう。しかしながら、実際に特に角印には決まりがあるということはないのです。
また、選び方についてはいいものの、そもそも角印が何に使用されているのかわからないという人もいるのではないでしょうか。これは会社の領収証、請求書、見積書などの書類に使用されている印鑑ですので、所持しているなら見てみるとわかるのではないでしょうか。
なお、いくら選び方が自由といっても、認印のような役割を果たす印鑑ですから、出番はだいぶ多くなるのです。そのため、頻繁に新しい角印を購入するのがわずらわしいということでしたら、簡単に劣化しないような品質の印鑑を購入したほうが長く使っていけることでしょう。
また、角印は基本的には縛りのない類の印鑑なのですが、官公職印については政府で決められたルールに従わなくてはいけないので、この点は頭に入れておいたほうが良いでしょう。