ひとくちに印鑑といってもいろいろな種類がありますが、仕事によっては使用頻度が高くなる印鑑というのがあります。これが訂正印なのですが、これはどのような人が使用することになる印鑑なのでしょうか。
この点に関し、訂正印というのは事務職に就いているがよく使用することになる印鑑といえます。実際、自分で用意しなくてはいけなくなり、選び方で困っているという人もいるかもしれません。
訂正印は簿記の記帳に誤りがあった際、訂正したことを示すために押すものなのですが、選び方としては主に2つのポイントを挙げることができます。ひとつは書体、もうひとつはサイズです。
まず書体に関してですが、認印のように読みやすいもののほうが好ましいでしょう。誰が押したものなのか瞬時にわかったほうが効率がいいためです。そのため、行書体をはじめとする読みやすい書体が選ばれることが多いようです。
次にサイズですが、訂正印は押すスペースのことを考えると、サイズの大きいものは不向きだといわれています。そのため、一般的な印鑑よりだいぶ小さなものが選ばれる傾向があり、5ミリから6ミリ丸型のものか小判型のものが選ばれることが多いといわれています。
基本的に選び方に縛りのない訂正印ではありますが、以上のようなポイントを押さえた選び方をすると、実際に使用することになってから使いやすさを感じられるのではないでしょうか。ぜひとも訂正印選びの参考にしてみてください。